« 2011年6月23日 | トップページ | 2011年7月13日 »

2011年7月7日

2011.07.07

月山へ

7月2日から5日にかけて月山と酒田、新潟と一人旅をしてきた、
気持ちも少しずつ落ち着いてきたが、やはり、ぼんやりすることが多い。
Img_1837
月山荘
予約をしておいたのは、この月山荘だけ、あとは行き当たりばったりで、宿がなければ、野宿でもしようか、いい加減な気持ちで出かけた。
二日目の朝、早起きをして宿の周りを散策したら、タニウツギにミヤマカラスがまとわり着いている、綺麗な翅の輝きに見とれていた。宿の明かりに飛んでくる蛾に期待していたが、あいにくの小雨では蛾も飛んでこない。
せいぜい、オオミズアオとシモフリスズメだけだ、
Img_1839

Img_1841
ミヤマカラスアゲハ

Img_1845
シモフリスズメ

Img_1849
オオミズアオ

町営バスで姥沢まで行き、リフトに乗り、少し歩く、
Img_1883
姥沢からの姥が岳

Img_1863

今年は雪が多く、姥が岳から月山頂上まではアイゼンが必要とのことだった。リフト頂上辺りをウロチョロして帰ってきた、花が多い、
Img_1878
黄色いスミレ(キバナノコマのツメ かも) 訂正オオバキスミレ

Img_1888
ミヤマオダマキ

まだ色々と花の写真は撮ってきたけど、いまいち、特徴を掴んだ花の写真が撮れない。
でも、山の花は色がすごく鮮やかだ。それに振り回されて、ただ、パチパチやるだけだから、進歩が無い

このあと、酒田のビジネスホテルに泊まり、鳥海山に行こうとしたが、雨のうえに、バスの便がない、吹浦まで行き、折り返して、あつみ温泉でもう一泊した、
Img_1927
あつみ温泉


最終日は義経伝説のある、鼠が関を見る、観光客はおいら一人、おまけに雨の中、。。。。風情がありすぎる。
普通列車の乗客もおいら一人、貸切と思えばいいか。
笹川流れもあるし、結構いい所,あるんだよなー。
Img_1939
鼠が関の灯台

新潟からは、ようやっと、人間世界に戻れました。こんな旅をしていると、新幹線は少しセッカチ過ぎると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月23日 | トップページ | 2011年7月13日 »