« 2012年7月18日 | トップページ | 2012年7月26日 »

2012年7月19日

2012.07.19

オオムラサキを写す

古河総合公園に行った2日後も、
朝から暑い日だ、オオムラサキをまともにに写してないことを考えていたら、嵐山に行きたくなった、こんなに暑ければオオムラサキは出ているはずだと、ここまでは正解だったが、自分の体のことを忘れていた。
嵐山に着いて、森を一回りしたが、暑いので目がかすんでよく見えない、目の前に黒っぽく見えるチョウが止まったのでパチリをしたが、写した時は、どうせヒメウラナミシジミだろうと思っていたが、帰ってからよく見たらミドリシジミだった。
Img_4966

森の中で会った人が、オオムラサキの羽化したばかりの場所を教えてくれたので、其処に行き、写真に撮る、野外での自然の羽化を見るのは初めてだ。
Img_4972

車の所に戻り、冷房をかけて、少し休憩する。体力が戻ったところで、車の近くのクヌギの木を観察すると、木の上の方でチョウが飛んでいる、大きさからするとオオムラサキらしいが、良く判らない。そこに三脚を担いだ人が来たので教えてあげる、その人はすぐにカメラを着けて写し出した、その人にチョウの止まった所を教わりながら、あてずっぽうに、おいらもパチリをする、いちいち、液晶画面で確認をすると、何とか写っている。
Img_4978
おいらの目ではこんな感じにしか見えない

でもカメラでISOを上げると、以下のように写ります

Img_4985

Img_4988

Img_4991

Img_4995

その人は3日ばかりで1200キロを走り、青森でアカショウビンを写してきたという、凄い人もいるもんだ。

帰りは高速道路で1時間30分で帰れた、行きは一般道路で2時間半かかった、おいらは先が短いのだから、今度から高速道路を使おう、金には替えられない。

暑いと目も霞むということも覚えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月18日 | トップページ | 2012年7月26日 »