« 2013年10月8日 | トップページ | 2013年10月28日 »

2013年10月15日

2013.10.15

鎌倉13佛巡り そのニ

北鎌倉の駅を降りると、観光客がぞろぞろ歩いている。いかにも、名所見物を楽しもうという人ばかりだ。

Img_8497
北鎌倉駅のホーム

浄智寺に向かって歩くと、左側の林の中を横須賀線が通り過ぎる

Img_8499
円覚寺の門前を走る横須賀線

道路の両側には、休み所や陶器を売る店が目立つ、尼寺の東慶寺の横を入ると、6番札所の浄智寺の山門に着く
Img_8504
浄智寺山門

Img_8507
浄智寺本堂 弥勒菩薩

ここは布袋様で有名なところだが、布袋様のお腹の代わりに、近くに在ったタヌキの石造のお腹の方がご利益が有りそうな気がする
Img_8505
タヌキの石像

次は、立派な建長寺の前を過ぎて、円応寺に行く
Img_8511_2
6番札所 円応寺の看板

Img_8513
円応寺の本堂 地蔵菩薩

本堂の中に入ると閻魔大王が私を睨んでいる、こころなしか優しい感じがする。
死んだら、よろしく頼みます、極楽に行かせてね、と手を合わせる。

ここから、鎌倉らしい切り通しを歩いて、
Img_8515
鎌倉の切り通し

海蔵寺に行く
Img_8518_2
海蔵寺山門 7番札所

Img_8519
海蔵寺本堂 薬師如来

境内には花が綺麗に咲いている
Img_8520

次は浄光明寺だが道に迷いながら、着いた。
Img_8526
浄光明寺の看板 9番札所

Img_8528
浄光明寺の山門

山門を入ると左と右に建物がある、
Img_8530
左にある立派な建物(講堂)

Img_8529
右にある古ぼけたお堂【不動堂)

どちらが本堂だかわからない、しかも、看板にある本堂とは、どちらも違っている。山門と看板の間を3回も往復したが、本堂らしきものが見当たらない、しかたがないので立派な建物の横の小路を奥に進むと、小高いところに本堂を見つけた。
Img_8532
浄光明寺の本堂 勢至菩薩

木立に囲まれての本堂だ、ちゃんと拝観料を取る人も居るのに、随分とわかりにくい所にあるもんだ。
講堂と本堂に2回もお経をあげてしまった、まあーいいか、あげないよりはご利益があるだろう。

次は線路を越して、寿福寺に行く、
Img_8533
寿福寺の山門 4番札所

Img_8536
寿福寺の中門

Img_8537
寿福寺の本堂

ここでは御朱印を貰う場所がわからない、2回も山門まで戻ってきて、しかたがないので。山門に居た人力車の車夫に教えて貰った、中門から右に行くのだという、通行止めの柵の脇を抜けて、ようやっと、御朱印を納める、御朱印を書いている人に聞くと、人が多いときは本堂には人を入れないという、こうゆうやり方も良いのではと考えた、
しかたがないので、本堂の柵の外からお経を上げた。

帰りは指定席で遅い昼飯を食べて帰ってきた、普通席では食べ物を食べてはみっともないが、指定席では気兼ねすることはない。

あと3箇所だが、いつ行くかわからない。気が向いたら行きましょう。無責任と言うよりも、気ままな性格なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月8日 | トップページ | 2013年10月28日 »