« 2014年10月3日 | トップページ | 2014年11月24日 »

2014年10月27日

2014.10.27

ハチとクモ

秋も深くなり、セイダカアワダチソウも色が濃くなってきた。
キタキチョウ、ウラギンシジミ、ツマグロヒョウモンと目につくが、近くに来てくれないので写真に摂れない
仕方ないので、傍に寄っても逃げない蜂とクモもパチリしてきた
Img_1885

Img_1886
10月14日写す

キアシナガバチだと思うのだが、自信がもてない

Img_1874
10月14日

Img_1942
Img_1944
10月24日

キンケハラナガバチではないか、ハチの図鑑がないので、茨城自然博物館に行って調べてきたが、やはり正確には採集する必要があるようだ、でも 採集に失敗して挿されたら、痛いだろうなー

Img_1931
10月20日

Img_1968
10月24日

ジョロウグモだが黄色が多いのがメスで、赤が多いのがオスではないかと考えるが、図鑑にはオスとメスの見分け方法が書いてない、外観だけでは判らないのだろうか、

とにかく昆虫でも蝶以外になると、情報が少なくなる、本屋での立ち読みでは区別が出来ない、
蛾も止まっている時と標本では種別が難しい、蛾の生態写真を博物館で探したが無かった。
やはりインターネットで調べるのが良さそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月3日 | トップページ | 2014年11月24日 »